フォト

よく読むブログ

無料ブログはココログ

PVポイント

twitter

ごあいさつ

 北海道函館市の公立大学で教員をしている川越敏司と申します。同姓同名の経済学者がおりますが、それはわたしです。川越達也という料理家がおりますが、縁戚関係はありません。

 2015年1月より、チェス・プロブレムの創作を始めました。The Problemist, Die Schwalbe, StrateGems, Problem Paradise, KoBulChessなどのプロブレム専門誌に作品が掲載されています。

 2018年暮れより、俳句投句を再開しました。漢詩や川柳も少し。

-------------------------------------

 

[受賞歴・掲載歴]

第5回京町川柳大賞「京町川柳賞」受賞

愚陀佛庵インターネット俳句会2014年10月分・秀逸

「父さんのはさみ」(第6回宮城学院ハートフル童話賞、最終選考

「インディアン・ポーカー」(第9回小説現代長編新人賞、第1次選考通過、2次落選

「懲役千年の刑」(第22回小説の虎の穴、佳作

「山の家に住む少女」(第23回ゆきのまち幻想文学賞、予備選考通過、最終選考落選

「ぎこちないハーモニー」(第47回北日本文学賞、第2次選考通過、3次落選

「新しい国への扉」(樹立社ショートショートコンテスト2012、5等星 [2位] )

「インディアン・ポーカー[短編]」(第19回電撃小説大賞、第1次選考通過、2次落選

"Time of departure"(AnotherRealm、2012年4-5月期コンテスト、第3位入賞

「ハンナの夕食」(第5回宮城学院ハートフル童話賞、最終選考

「暗闇の中の光」(第157回コバルト短編小説新人賞、もう一歩の作品

「インディアン・ポーカー[短編]」(第3回創元SF短編賞、第1次選考通過、2次落選

「皮肉な方程式」(第3回創元SF短編賞、第1次選考通過、2次落選

「インディアン・ポーカー[SS]」(『SFマガジン』2011年10月号「リーダーズ・ストーリィ」、作品掲載

「五人のパパ」(『SFマガジン』2011年6月号「リーダーズ・ストーリィ」、選評掲載)

「ロボットの沈黙」(『SFマガジン』2011年6月号「リーダーズ・ストーリィ」、選評掲載)

「水たまり」(『小説現代』2011年5月号「ショートショート・コンテスト」、選考通過、第9席

「老年期の終わり」(『SFマガジン』2011年4月号「リーダーズ・ストーリィ」、選評掲載)

-------------------------------------

 投稿記録は以下のウェブページに掲載しています。また、メールでの連絡先もこちらにございます。

http://www.fun.ac.jp/~kawagoe/sakuhin.html

 この記事の次からが最新の記事となっています。英語や古典ギリシア語からの翻訳ショートストーリーなど、様々なお話をお届けしています。そのうちフランス語からの翻訳ストーリーもお届けできると思います。ほとんど備忘録程度ですが、本の紹介も随時行っています。どうぞお楽しみください。

2020年6月 7日 (日)

英語で書いたSFショートショート

 今から8年くらい前に、海外のオンラインSF雑誌Anotherealmに採用されたSFショートショートをご紹介します。

 久しぶりにアクセスしてみると、サイトがハッキングを受けたためにデータの一部が失われたということで、調べてみるとわたしの作品も見つかりません。ということで、こちらにその1つを復元してみることにしました。

 いかにもアメリカ人が好みそうな作品を心掛けました。また、自分自身クリスチャンですし、英文をチェックしてくれたのが当時わたしの通う教会に赴任していたイギリスの宣教師でもあるので、聖書の言葉を必ず取り入れるといった「しばり」も自分で設定しています。その聖書の言葉も、タイトルや"Is your energy level low?"(「元気ないわね?」)というセリフも、ラストに向けてのさりげない伏線となっています。

 では、お楽しみください。

-------------------------------------------

First Love Never Dies (Anotherealm, 2012)

by Toshiji Kawagoe

 

The first time I met Virginia, I was seventeen. She was selling ice-creams on the beach. By doing so, she helped her parents as they were owners of a seaside clubhouse. She was a girl with long black hair and brown eyes. Her bronzed skin showed her healthy teenage beauty. I fell in love with her at first sight. But I was too shy and I couldn't say anything at first. I frequently dropped into the clubhouse, and bought a different flavor of ice-cream each time. There were a dozen varieties. But we only had a business-like conversation every time. I was waiting for a chance to start a more intimate relationship with her.

"Gland-slam!" she said one day when I ordered an ice-cream as usual.
"Excuse me?" I asked wonderingly.
"You finally tried every variety of ice-cream we offer. Congratulations!" she smiled, handing over an ice-cream to me. She was more beautiful when she smiled. I felt my heart beat rapidly. Then she said, "I'm Virginia. And you?" It was the first time I knew her name.

"How long will you stay here?" she asked when we sat side by side on the beach.
"Two days to go." I replied without looking at her face.
"Ok. I'll show you a secret place that tourists never see tomorrow, if you want."
This made my eyes shine. But I couldn't help asking her.
"How about this ice-cream shop?"
"Tomorrow, the shop is on holiday!" She stood up, holding my right hand.
"Really?" I asked wonderingly, getting up and going after her.
"Yes, I decided!" she laughed charmingly. Her smile was infectious. I made a rendezvous tomorrow with her.

    On the following day, when I dropped into her ice-cream shop, I found that it was closed as she said. But she wasn't there. I was bewildered by her absence, looking at my wrist watch. I was wondering whether she'd been grounded by her parents. I was standing in front of the ice-cream shop, helplessly. Just then, I heard her cheerful voice.
"Is your energy level low?"
When I looked back, I saw that she was in a bikini. She was breathtakingly beautiful. I turned red in the face.
"Can you swim? Let's go to the island today, shall we?" she said. Of course, I had no objection to embarking on such an adventure with her. I expected to find a treasure chest there. Especially, I wanted to find a key for opening a treasure box hidden in her heart.

    I spent all day with her. Though we couldn't find treasure box there, it was a wonderful experience for us. Seeing a very beautiful sunset from the island, I wanted to kiss her, but I was too shy to do so. We were in silence. Suddenly, she looked at me and said,
"Next year, please come and see me again."
"Yes, if I could...but"
"No, promise me. Come back here next year! I'll be waiting for you..."
A tear rolled down her cheek. I pulled her to my side. We hugged each other and kissed again and again.
"I promise that I will be back to see you again..." I said it eventually. But I knew I had lied.

    After I said goodbye to her, I clenched my fist and punched a palm tree. Here was a resort planet of perpetual summer. Before joining a spaceship crew, my father gave me a roundtrip ticket for this resort planet as a graduation gift. As you know, spaceships move close to the speed of light. A day in such a spaceship becomes a year in her planet. Six months would have passed in the spaceship before I could take another vacation. At the same time, a hundred eighty years would have passed in her planet! She must die before I could come back to her planet. I knew that I could never keep my promise with her. I deeply regretted her making such an impossible promise. I suffered heartache when I imagined her waiting for me in vain until her death.

    When I could take a vacation for the first time since joining a spaceship crew, I chose to spend it on her planet without hesitation. I went to the beach where I had first met her. I saw that her ice-cream shop was tumbled down. Everything had changed. Obviously, there was no trace of her. It was just like she had been washed away by the waves.
"I am sorry, Virginia."
As memories of her vividly came back to me, I tightly shut my eyes to fight back the tears. I was standing there for a while. Suddenly I heard a familiar cheerful voice.
"Is your energy level low?"
I was surprised. I didn't believe what I saw. It was her. She was young and beautiful as before.
"Are you Virginia?" I said in a trembling voice. She nodded and smiled as before.
"Let's go to the island again, shall we?" said she, holding my right hand. "Then, I will tell you our secret that tourists never know."
I was so glad to see her again. Nevertheless I hesitated to follow her.
"Sorry, I am too late..." I said, but I couldn't say any more because she touched my lips with an index finger.
"For us, a day is like a thousand years, and a thousand years are like a day." she grinned mysteriously.

    As my father had arranged all the staff in this tour, I didn't know whether she was included in the tour package. As she was so sweet and hot, I wasn't sure whether she was a robot. But one thing was very clear. Here was a perfect place for a spaceman like me to find a lover. Here, my love was everlasting as was the island over there. I loved her and I needed her. That was good enough. I smiled and kissed her, and we walked down toward the shore hand in hand.

-------------------------------------------

2020年5月31日 (日)

SSG『○○家族』コンテスト、落選!

 ショート・ショート・ガーデン(SSG)でTVドラマ『隕石家族』とコラボした『○○家族』コンテストがありましたので、久しぶりに書いてみました。

 わたしが応募した3作品は以下の通り。今回は、言葉遊びにこだわってみました。

 

メジャーな家族https://short-short.garden/S-uCThrQ

レバー好きな家族https://short-short.garden/S-uCThxK

フラットな家族https://short-short.garden/S-uCThzf

 

 先日受賞作が発表されました。わたしの作品は残念ながらどれも入賞できませんでしたが、よかったら読んで感想をお聞かせください。

 

 受賞作については、下記の公式サイトをご覧ください。入賞された方、おめでとうございます!

 

隕石家族×ショートショートガーデンコラボ受賞作品発表!!

https://www.tokai-tv.com/insekikazoku/special/18.html

 

 

2020年5月11日 (月)

はじめてのソネット

 ソネットというのは、細かく言えば色々ありますが、シェイクスピアの作品を代表とするイギリスの古典的なソネットは、次のような規則でできた詩形であるようです。

・4行1組のブロックが3つ+2行の計14行の詩

・各行末に押韻し、abab cdcd efef gg というように違う韻を持つ語を交互に配置

・各行は弱強のアクセントが5つ連なった10のシラブルからなる(弱強五歩格

 それで、戯れにソネットを作ってみました。初めての経験です。題材は、以下の絵(CDのジャケット)。

モーツアルトのフルート四重奏曲ですが、食卓を囲んでの演奏でしょうか? 祖父がチェロ、父がフルート、息子がヴァイオリンjを弾いています。しかし、ビオラを弾いているおじさんは一体誰でしょう? そんな疑問を基に詩作してみました。

Mozart

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらが出来上がった詩です。ただし、各行末に押韻することと、各行が10のシラブルからなるという規則だけで作りました。アクセントについては、弱強五歩格になっているところとなっていないところがあります。習作ということでご勘弁をお願いします。

"A Quartet" by Toshiji Kawagoe

My Dad truly loves to play the flute
and he decides which music to play.
Grandpa is good at singing with the lute,
but he sits and plays the bass silently.

I've been bewitched by the fiddle,
plenty of time devoted to master.
The man holding the viola is riddle.
For granted at dinner he's sitting there.

"Let's play Bach first." said Dad as usual.
"Up to you, my son." murmured grandpa.
"No, I don't like it." made I a denial.
and the man hummed a song "pa, pa, pa."

Then we decided to play a quartet
of Mozart, no one makes a complaint.

解説

 父の吹くフルートはバロック時代以降にポピュラーになった楽器です。それに対して、3行目で祖父はリュートで歌うことが得意だったとしています。バロック時代にもリュートの名曲はたくさんありますが、リュートで歌うとなれば、ルネサンス時代のダウランドをまず想像します。つまり、父と祖父はそれぞれ好きな音楽が違ったということですね。でも、合奏するときは、祖父は父の趣味に合わせているようです。

 5行目、息子が弾くのはフィドルとあります。要するにヴァイオリンということですが、フィドルというとアイルランド音楽を想像させます。息子の趣味も父とは違うわけですね。ここまで、家族の紹介をしながら、3人の音楽の趣味が違うということをさりげなく導入しています。

 そして、ヴィオラを持つ左側のおじさんは一体誰でしょう? 夕食の席にいつの間にかやってきて、ちゃっかりとお相伴にあずかっています。

 9行目から、食後の合奏の相談です。起承転結の転に当たります。ここまでは基本的に現在形で家族の様子を一般的に書いてきたところを、ここからは過去形になって事件の現場へ突入していきます。また、ここで直接話法(引用文)にして臨場感を高めています。父はバッハをやりたいと主張し、祖父はそれに黙って従います。でも、僕は黙っていられません。そんな緊張の中、あのおじさんが鼻歌を歌います。「パ、パ、パ」というのはモーツアルトの歌劇『魔的』に出てくるパパゲーノという鳥飼いの変なおじさんの歌です。そこで、モーツアルトをやることでみんな納得して、絵の場面になりました、という詩です。いかがでしたでしょうか?

詩の和訳

「とある四重奏団」by 川越敏司

僕の父さんは本当にフルートを吹くのが大好きで
何を演奏するかを決めるのは父さんだ。
じいちゃんはリュートで歌うのが得意だけど、
合奏となると黙って低音を奏でている。

僕はフィドルの魅力に取りつかれて、
これをマスターするためにたくさん時間を使ってきた
ビオラをもっているおじさんは謎の人だ、
当たり前のようにやってきて夕食の席についている。

「まずはバッハからやろう」といつものように父が言うと、
「おまえの好きなようにしろ」とじいちゃんがつぶやく。
「やだ、バッハなんか好きじゃない」と僕が反対すると、
おじさんが鼻歌を口ずさむ「パ、パ、パ」と。

それで、モーツアルトのフルート四重奏曲をやることに決めた
これなら誰も文句は言わない。

 

2020年5月 2日 (土)

ショートショート3本!

 ご無沙汰しております。

 最近、「隕石家族」というドラマを観ていまして、たまたまショートショートガーデンさんが連動企画でコンテストをやっているそうなので、すごく久しぶりにショートショートを書いてみました。

 お題は「○○家族」。

 というわけで、3日続けて3作書いてみました。楽しんでいただけたらと思います。

メジャーな家族https://t.co/PWPxoJtgPC?amp=1

エア家族https://t.co/QH3BJkuEqs?amp=1

狂言家族https://t.co/0OoZtzc3Fj?amp=1

 

 

 

 

2019年10月 2日 (水)

俳句ポスト365、並選3つ

夏井いつき先生選・俳句ポスト365。1つ目の兼題は 「鱧」。わたしの句も並選に採っていただきました。

 

鱧の骨切りて汗ばむ盆の窪」川越雷鳴

 

厨房で鱧の骨を切る妻のうなじがうっすらと汗ばんでいる様子を色っぽいなと思い、詠んでみました。うなじの少しへこんだ部分を「盆の窪」というようです。

 2つ目の兼題は「轡虫」。わたしの句も並選に採っていただきました。

 

三味線に合の手入れし轡虫」川越雷鳴

 

近所の日本舞踊の教室から聞こえてくる三味線の音の合間に轡虫の鳴き声が聞こえます。

 3つ目の兼題は「竜田姫」。わたしの句も1つ、並選に採られていました。

 

竜田姫良媒連れて川下る」川越雷鳴

 

「紅葉良媒」という中国の故事に、川に流れる紅葉に書きつけた詩が縁となって男女が結ばれたという話がございます。

 



 

2019年8月 1日 (木)

俳句ポスト365、並選2つ

夏井いつき先生選・俳句ポスト365。1つ目の兼題は「空蝉」。わたしの句も1つ、並選に採られていました。

 

地上への未練の爪痕蝉の殻」川越雷鳴

 

すでに中身はないのに、しっかりと爪を立てて樹にしがみついている蝉の抜け殻。まだまだ地中にいたかったという未練をそこに感じました。

2つ目の題は「鱧」。こちらも並選でした。

 

鱧の骨切りて汗ばむ盆の窪」川越雷鳴

 

厨房で鱧の骨を切る妻のうなじがうっすらと汗ばんでいる様子を色っぽいなと思い、詠んでみました。

2019年6月 7日 (金)

俳句ポスト365、「よしあきくん一期一会の一句」9位!

夏井いつき先生・選、俳句ポスト365、今回の兼題は「蟇」。

ちょっと扱いが難しい季語だったかと思います。いろいろと試してみたのですが、そのうちの一句が「よしあきくん一期一会の一句」9位に選ばれていました。

声変わり恋に悩みしヒキガエル」 川越雷鳴

ヒキガエルの鳴き声を、声変わりして戸惑う青少年にたとえてみました。

わたし自身の句に付けたコメントは「第二次性徴の始まりと共に男の子は声変わりし、恋愛を意識し始める年ごろか、ときに戸惑います。ヒキガエルはオスだけが鳴くことから、恋に悩むのはやはりオスだけなのかな、と想像しました。」

これに対するよしあきくんのコメントは、「川越雷鳴殿、蟇殿も声変わりでございまするか。蟇殿の恋も拙者の恋も、はてさて、どのようになるのでございましょうか。」

結果発表の集の最初に公表される「よしあきくん一期一会の一句」。実はその位置づけがよくわかっていないのですが、「天・地・人・並」とランク付けされるのとは別に、面白い句、興味深い視点の句などが選ばれているのでしょうか? なんにせよ、こうして選んでいただいて感謝です!

2019年6月 4日 (火)

俳句ポスト365、並選2つ

夏井いつき先生・選、俳句ポスト365。すでに発表されてから少し経ちますが、兼題「桜鯛」と「水鉄砲」のそれぞれでわたしの句が並選に採られていました。ありがとうございます。

 

桜鯛子を太らせて身細る」川越雷鳴

春に桜鯛は産卵のときを迎え、子供に栄養を取られるため痩せてしまい、この時期の桜鯛はあまりおいしくない、という漁師さんの記事をもとに作りました。

 

ロケットも飛ばす勢ひ水鉄砲」川越雷鳴

最近の水鉄砲は、強力なポンプを備えたものがあり、それはもうロケットをも飛ばす勢いで水が出る。そんな様子を描きました。

 

俳句生活、佳作

夏井いつき先生・選、俳句生活。4月の兼題「子供の日」の発表は5月20日にありました。

天・地・人・佳作という順で掲載されています。わたしの句は佳作でした。

 

父帰るまでは終わらぬ子供の日」川越雷鳴

 

2019年4月24日 (水)

漢詩初投稿

以前より、漢詩を創ってみたいと思っておりました。

色々と古今の詩集を買ってみたり、入門書や教科書を読んでみたり。

ずいぶん時間がかかりましたが、この3月に初めて一首できまして、さっそく「漢詩を創ろう」サイトに投稿しました。

 

「漢詩を創ろう」

http://tosando.ptu.jp/

 

「漢詩を創ろう」サイトは、『漢詩を創る、漢詩を愉しむ』(リヨン社)という漢詩のテキストを書かれている鈴木淳次先生が主宰されています。

投稿した漢詩は以下の七言絶句です。先生が丁寧に添削してくださっていますので、詳細はサイトの方をご覧ください。

 

「待春」 川越雷鳴

孤村春暁草初萌
雨後新鶯放数声
野客逍遥幽谷裏
紅霞妖艶一枝横

孤村春暁草初めて萌し
雨後新鶯数声を放つ
野客逍遥す幽谷の裏
紅霞妙艶一枝横たう

(下平声「八康」の押韻)

 

 七言絶句は4句からなり、1,2,4句の末尾の語が同じ韻を踏む必要があります。本作の場合、下平声「八康」の押韻となっています。その他、中国語の四声に対応する、平と仄という語のアクセントの並べ方にも規則があります。こういうと難しそうに聞こえますが、「詩語表」という押韻や平仄、テーマ別に二字、三字の熟語が分類された辞書がありまして、そこから言葉を選んでくることで、詩作はかなり楽になります。

俳句生活、佳作

夏井いつき先生選・俳句生活。3月の兼題「燕」の発表がありました。

https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/haiku/?sid=top_haiku

わたしの句も1つ、佳作にとっていただきました。 

磨かれた靴の上にも燕来る」川越雷鳴

磨きたての靴で新しい人生の第一歩を記す新入生(社員)。その門出を祝うかのように飛来する燕を詠みました。

2019年4月12日 (金)

俳句ポスト365、並選

夏井いつき先生・選、俳句ポスト365。今回のお題は「サイネリア」。

わたしの句も並選に採っていただきました。ありがとうございます。

サイネリア空にふくらむ落下傘」川越雷鳴

難しい季語でした。取り合わせを何にするか、が課題ですね。わたしの場合は、この花の形がパラシュートみたいだという連想で詠んでみました。

2019年4月 6日 (土)

第5回京町川柳大賞「京町川柳賞」受賞!

毎年開催されている京町川柳大賞。今回、第5回に初めて参加してみました。
3句応募して、そのうちの1句が「京町川柳賞」を受賞しました。

受賞の確認の電話が先ほどありまして、以下のサイトの方を見てみたら、すでに受賞作品が公表されていました。第5回のポスター画像に受賞作がまとめられています。

 

第5回京町川柳大賞

u0u0.net/XDLP

 

ちなみに、受賞したわたしの作品は以下です。

化粧前の見知らぬ人と朝ごはん」川越雷鳴

俳句と違って季語もなく、また特にテーマのしばりもなかったので、どういう句にするか、ずいぶん苦心した記憶があります。

とりあえず、ユーモアのある句にしようと思いました。

また、俳句と違って、川柳の賞は賞品が授与されるのがうれしいですね!

 

 

2019年3月29日 (金)

俳句ポスト365、並選

夏井いつき先生選・俳句ポスト365に初めて投稿してみました。

 今回のお題は「柏落葉」。

 枯れた後も、厳しい冬の間、枝にしがみついていた柏の葉も、春には落葉するということ、今回はじめて知りました。老いたる者は去りと、どうしてもそこに悲しい物語を読み込んでしまいがちです。しかし、一方で、枯れてもまだ散らず、という力強さも感じます。 そんな両面のある、広がりのある季語だと思いました

 いくつか送ってみましたが、わたしの句も1つ、並に採っていただきました。

襲名の歳迎えたり柏若葉」川越雷鳴

 春になって若葉が萌え出し、冬を越した柏落葉を散らす。それを代変わりして襲名の歳を迎える子に例えました。

 

2019年3月26日 (火)

ますもとたくや『きゃくほんかのセリフ!』

本書『きゃくほんかのセリフ!』(ガガガ文庫)は、『ゾンビランドサガ』や『けものフレンズ2』の脚本で活躍中のますもとたくやさんのラノベ新シリーズ。

 前作までは「経済系」ということでしたが、今回はタイトルからも明らかなとおり、ご本業の知識や経験を生かしての作品となるようです。

 あらすじは以下の公式のもので尽くされている、という感じがします。

====================================================

デビュー作以来、鳴かず飛ばずで、うだつのあがらない脚本家・竹田雲太。
ある日、そんな彼の元に大きな仕事が舞い込んで来る。
だが、その作品はテレビアニメの放送後、何かとトラブル続きな作品の劇場版だった。しかも依頼してきたのは竹田の宿敵とも言える制作会社の極悪プロデューサー。何かあるとは察しつつも、生活のため背に腹はかえられず引き受けることにした竹田。

そんな彼のところに「お兄ちゃんが貸したお金を返せ」という少女が押しかけてくる。彼女は、かつて竹田の相棒だった男の妹である佐江だった。
ただでさえ曰わく付きの作品の脚本を書くことになって大変なのに、騒がしい佐江がやってきてパニックになる竹田。
しかも佐江は、竹田の言う業界で生き残るために必要な「大人の事情」などお構いなしに、視聴者側のストレートな正論でことごとく竹田を論破する。

仕事では振りまわされ、家に帰れば佐江に振りまわされ――。
だが竹田は、佐江のそんな理想論に振りまわされていくうちに、かつて相棒と共に戦っていた頃の情熱を取り戻していく。
厳しい現実に押し潰されながらも夢物語を書き続ける男の、再起と情熱の物語、開幕!!」

====================================================

 それで、実際に読んでみた感想ですが、面白いと思います!

 まず、冒頭で、主人公の脚本がとんでもない方向に改作されていく様子からして、読者を引き込んでいきます。

 自分の脚本がそんな風にいじられながらも、お金のためだと割り切る主人公。しかし、やがて彼が脚本家を続ける本当の理由が見えてきます。

 アニメに限らず、作品は多くの人の協力の下で作られていくわけで、そのあたりの「大人の事情」などをほろ苦く描きつつも、純粋な心をもつヒロイン佐江に引きずられるように、亡き親友との約束を果たそうと決意する主人公の姿勢に目が離せません。

 「お仕事系」の作品としては、もう少し脚本の書き方とか「お勉強」的なところを増やした方がよかったのかな?と思うところもありますが、そのあたりは今後、佐江が天才少女脚本家としてデビューしていく中で(とは書いていないけど)披露されていくのかな、と思います。

 本書の何よりの読みどころは、やはり、猿蟹合戦を下敷きにしたアニメ作品の脚本を、原作者側やスタッフからの無茶ぶりな要求に合わせてどのような落としどころにもっていくのか、その試行錯誤のプロセスだと思います。おそらく、この「劇中劇」だけでも1つの作品になりそうなアイディアが含まれており、読者は「一粒で二度おいしい」思いをすることと思います。

 ちなみに、主人公の竹田雲太は人形浄瑠璃(文楽)『仮名手本忠臣蔵』『義経千本桜』などを書いた竹田出雲、ヒロイン門松佐江とその亡き兄、近雄の名前は、同じく浄瑠璃作家の近松門左衛門のもじりになっていますね。絶筆宣言をした作家とか、あの有名人を想起させたり、色々と遊び心もあって楽しいです。

 あえて難を言えば、いまのところ主人公に恋愛の可能性が微塵も見えないというところでしょうか。「お仕事系」なので仕方ないのかもしれませんが、やはり恋愛要素がほしいところですね。

 また、今回はアニメ映画の脚本が舞台になっていますが、一方で主人公は(お金にならない)小劇場の脚本も手掛けており、今後そちら方面の話も見てみたいところです。ちなみに、小劇場を舞台にした作品では、有川浩さんの『シアター!』という名作がすでにあるので、ますもとさんがどういう作品にするのかを見てみたい、という気持ちがありますね。

 毎年たくさんのアニメ作品が作られますが、脚本家になる(続ける)人は非常に少ない、ということで、この作品をきっかけに脚本家になってみようという人が出てくるといいですね(徹夜仕事とか、人間関係とか、大変そうですが)。

 読み終わって、いま無性にカニが食べたいです。

 

«俳句道場、入選B

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック